贈与税の税率と計算方法

  贈与税は1年間にもらった財産の合計額から110万円を引きます。
  次に、残りの金額に贈与税の税率をかけ、控除額を引いた金額です。

  ○平成26年12月31までの贈与税率
贈与額から110万円を引いた額税率控除額
200万円以下10%なし
300万円以下15%10万円
400万円以下20%25万円
600万円以下30%65万円
1000万円以下40%125万円
1000万円以上50%225万円


なお平成27年1月1日からは、贈与税の税率が下記のように変更されます。

○親または祖父母から20才以上の子へ贈与する場合
贈与額から110万円を引いた額税率控除額
200万円以下10%なし
400万円以下15%10万円
600万円以下20%30万円
1000万円以下30%90万円
1500万円以下40%190万円
3000万円以下45%265万円
4500万円以下50%415万円
4500万円超55%640万円


○一般的な贈与場合
贈与額から110万円を引いた額税率控除額
200万円以下10%なし
300万円以下15%10万円
400万円以下20%25万円
600万円以下30%65万円
1000万円以下40%125万円
1500万円以下45%175万円
3000万円以下50%250万円
3000万円超55%400万円


今回の贈与税率改正では、親や祖父母から子への贈与と、そうでない一般の贈与で税率が異なるという点が大きな特徴です。

計算方法

  AさんがBさんへ、現金350万円を贈与した場合の贈与税額の計算は、

(贈与額350万円-110万円)×税率15%-10万円

  贈与税は26万円となります。

計算手順

①贈与した金額から、110万円を引く。
②その金額に、上記の表の税率をかける。
③上記の表の税率の右に書いてある金額(控除額)を引く。

この手順で計算すれば、誰でも贈与税が計算できます。

少ない金額の贈与は贈与税を払わない人が多い

  実はこの贈与税のルール、今は段々と崩れてきているのです。

  たとえば親が子供に車を買ってあげたようなケースです。

  親が子供に150万円を渡して車を買い与える場合、贈与税の金額は4万円となります。
  この時、子供は4万円の贈与税を税務署に申告する必要があります。
  しかし実際には、贈与税の申告は行われていないことがよくあります。

  税務署もそこまで細かい現金の動きを把握することはできません。
  ですから、そのまま何事もなかったかように済んでしまっています。

  だからといって、意図的に贈与税を払わず、贈与を繰り返していると、税務署にバレた時は、まとめて贈与税を支払う事になりますから、注意してください。

  なお税務署は、銀行振り込みによる預金の移動と、不動産の名義書換については、100%把握することが可能です。

  国民全員の資産がすべて把握されているわけではありません。
  しかし、調べようと思えば、いつでも調べる事ができるのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ