連年贈与の勘違いと注意点について

連年贈与とは、毎年同じ金額の贈与を繰り返すと、その合計金額を贈与したとみなされて、まとめて贈与税を課税されるというものです。

毎年、贈与税が非課税となるように100万円の贈与を20年間繰り返していると、2000万円を贈与したとみなされて税金か発生してしまう、ということです。

このため「毎年100万円などの定額の贈与は危険」という考え方が広まっています。

そのため、連年贈与とみなされないために、次のような対策をされる方が多くいます。

・贈与の金額を毎年変えている

・贈与の日にちを毎年変えている

・たまには贈与税を支払う

ところが実は、連年贈与が裁判で争われたケースはなく、税務上でも連年贈与が問題になったケースは少ないのです。

そのため、連年贈与について過剰なまでに対策をしている方が多いのが現状です。

本当に注意すべきこと

贈与契約というのは、贈与のつど行われているはずです。

そして毎年適法に贈与契約をした結果、毎年の贈与額が同じことはありえます。

よって毎年適法に贈与契約をしつづけたことが、連年贈与とみなされることはないのです。

もし連年贈与とみなされるのなら、それは毎年の贈与契約が適法ではない、というだけのことなのです。

よって連年贈与とみなされないためにもっとも重要なことは、

適法な贈与契約書の作成とたしかな贈与の事実

ということになります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ