みなし贈与財産とは何か

みなし贈与財産とは、本人たちは贈与したつもりがないのに、税法では贈与扱いとされて、贈与税が課税されてしまう財産のことです。

贈与とみなされてしまうということは、財産をプレゼントしたつもりはないのに、相手が経済的に利益を受けたということです。

みなし贈与の場合、本人たちは贈与のつもりがないのに、後日に多額の贈与税を請求されますので、大変に驚くことになります。

したがって自分たちのやっていることが、みなし贈与にあたっていないかどうか、よく注意しなければなりません。

具体例

次のような財産の受け渡しは、みなし贈与財産とされて税金が課税されますので、注意してください。


①低価格の売買

相場よりも極端に安い価格で売買されたときは、相場との差額分が贈与と見なされることがあります。

ただし、相場より安い価格の売買のすべてが贈与とみなされるわけではありません。

親子間の土地売買など、あきらかに贈与税を逃れる目的が見え隠れするときに、みなし贈与財産とされます

②親子間の金銭の貸し借り

親子間や親族間で金銭の貸し借りがあった場合、無利息部分は贈与とみなされることがあります。

また利息が付いていても、極端に低利息だったりする場合も、みなし贈与財産とされることがあります。

③借金の支払いの肩代わり

他人の借金を代わりに支払ってあげた場合は、その支払ってあげた分は贈与とみなされます。

また借金を免除してあげたような場合も、贈与とみなされることがあります。

④生命保険金の受け取り

自分で保険料を支払っていないのに、保険金を受け取った場合には贈与とみなされます。

死亡したときにもらえる生命保険金や死亡退職金は、相続税の対象となります。

⑤夫婦で共同購入したマイホーム

夫婦でマイホームを共同購入したとき、マイホームの持ち分割合を5:5にしたとします。

しかしマイホーム購入にあたり妻よりも夫の方が多く支払っていた場合、多く支払った分は贈与とみなされます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ