親に借金を肩代わりしてもらうと贈与

親に借金の肩代わりをしてもらうと、子供は親から贈与を受けたとして、贈与税が課されることがあります。

このようなものを「みなし相続財産」といいます。

ただし子供に返済能力がなく、どう考えても返済不可能な借金を肩代わりしたときは、みなし贈与財産とはなりません。

親からある時払いの借金をすると贈与になる

親子や親族間の借金はよくあることなのですが、身内であるため返済がいい加減であったり、利子の付け方が極端に低かったりする場合は、みなし贈与財産として課税されることがあります。

「あるとき払いの催促なし」や「出世払い」などは、本当の金銭貸借とはいえません。

このような場合は、借りた金額がすべて贈与とみなされて、税金が発生します。

親族間の金銭貸借は、では、それが本当の金銭貸借なのか、単なる援助なのか、判断が難しいことがあります。

そして税務署は明確に金銭貸借と判断できない場合には、贈与税を指摘してきますから注意してください。

税務署から指摘されないためには、適法な金銭貸借契約書と、返済の記録を残すことが重要です。

また親族間で無利子の金銭貸借は、適法な契約であっても贈与とみなされますので、きちんと利子はとるようにしてください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ