贈与税の非課税財産とは何か

贈与税の非課税財産とは、他人に財産をプレゼントしても、贈与税が課されない財産のことです。

何が非課税財産となるかは税法で定められていますか、社会の常識に照らして、通常の生活の範囲内だから贈与税を課すのはおかしいとか、そのような感覚で決められています。

具体例

贈与税が非課税財産となる財産には、次のようなものがあります。

生活に必要な資金

夫が妻に、生活費や子供の教育費として給料を毎月30万円渡したとします。

妻は生活費として毎月30万円を全額使用した場合、夫が10万円分使用して妻が20万円分使用していたとします。

このような場合、どこまでが夫のために使用されてどこまでが妻に使用されたか明確に区分することができないため、贈与税はかかりません。

ただし、意図的に税金を逃れようというために行っているのであれば、税金がかかることもあります。

障がい者が受け取る財産

法律や条例等によって障がい者に支給される金銭等は、贈与税は課税されません。


支払い不可能な借金を免除してもらった場合

借金を免除することはみなし贈与財産とされ、本来は贈与税がかかります。

ただしどう考えても支払うことができないような借金を免除してもらった場合だけは、贈与税は非課税としてもらえます。

離婚による財産分与

離婚によって相手から財産をもらった場合は、贈与税はかかりません。

離婚による財産分与は、夫婦が共同で築いた財産を分け合っただけであり、財産を贈与してもらったわけではないからです。

ただし贈与税を免れる目的で、偽装離婚等で財産分与を行った場合は、税金が課されますから注意してください。

奨学金

学校へ進学するために支給された奨学金は、贈与税の非課税財産とされています。


制度や特例を利用した場合

贈与税が非課税となる制度や特例を利用した場合、税金はかかりません。

特例には「相続時精算課税制度」「住宅取得等資金贈与の特例」「夫婦間の居住用不動産贈与」があります。

制度や特例についての詳しい内容は、当ホームページ内をご覧ください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ