配偶者の相続税の特例

配偶者の相続税の特例とは、配偶者がもらった財産の額が、 下記の金額のどちらかに達するまで、 配偶者に相続税はかからないという制度です。

・遺産相続でもらった金額が1億6千万円以下の場合
・遺産相続でもらった金額が法定相続の割合以下の場合

まず配偶者が遺産相続でもらった金額が1億6千万円を下回る場合、 この特例を利用すればとにかく相続税はかかりません。

次に配偶者が遺産相続でもらった金額が1億6千万円を超えていても、 法定相続分の割合を超えていなければ、 とにかく相続税はかかりません。

法定相続分は、

・配偶者と子供なら2分の1
・配偶者と親なら3分の2
・配偶者と兄弟姉妹なら4分の3

となっています。

つまり遺産相続でもらった金額が1億6千万円を超えていても、 遺産相続でもらった金額が全財産のうち上記の割合を下回るのであれば、 相続税はかからないとうことです。

配偶者の税額軽減を受けるための手続き

この配偶者の相続税が軽減される特例は、 特例を利用したいと申告する必要があります。

申告をしないと特例の適用を受けることができませんので、注意してください。


手続き方法

相続税の申告書に戸籍謄本、 遺言書の写しや遺産分割協議書の写し、 印鑑証明書、配偶者のもらった財産がわかる書類、 を添えて税務署に提出します。

相続税の申告が行われた後に、 遺産分割に基づいて配偶者の税額軽減を受ける場合は、 分割が成立した日の翌日から4か月以内、 に更正の請求という手続をする必要があります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ