土地の交換による節税方法

土地の有効活用を行いたいが、 借金をするのは怖いし、 アパート経営をしていくのも不安だ、 という方がいます。

このような方には「等価交換方式」がおすすめです。

等価交換方式とは

等価交換方式とは、土地の所有者と建設会社が、 共同で貸しビルや賃貸マンションを建築することです。

土地所有者は土地を提供し、 建設会社は建設費を負担して建物を建てます。
その後、 土地の一部と建物の一部が等価値になるように交換し合い、 それぞれが土地と建物を共同所有する、という方法です。

この方法であれば、 土地所有者は土地の一部を手放すことになりますが、 1円も払わずに建物の一部を手に入れることができます。

等価交換方式の具体例

地主所有の土地価格 5億円

この土地に建設会社が5億円のマンションを建築

【等価交換前】

地主   ・・・5億円の土地を所有

建設会社・・・5億円のマンションを所有

【等価交換後】

地主  ・・・土地50%(2億5000万円)を所有
        建物50%(2億5000万円)を所有

建設会社・・・土地50%(2億5000万円)を所有
         建物50%(2億5000万円)を所有

とこのようにして、 地主と建設会社が土地と建物を共同所有します。

等価交換方式のメリット・デメリット

【メリット】
・借金をしなくてよい
・土地が貸家付きとなるので、評価額が下がる
・家賃収入が期待できる
・建物の管理はすべて建設会社が行ってくれる

【デメリット】
・土地の一部を手放すことになる
・建設会社の言いなりになりやすい
・建設会社が倒産すると、身動きがとれなくなる

この等価交換方式がうまくいくかどうかについては、 信頼できる建設会社と巡り会うことができるかどうか、 にかかっています。

スポンサードリンク

このページの先頭へ