生前贈与時の不動産価格の算出方法

  土地や建物を生前贈与する。
  この場合、その土地や建物の価格をいくらとして生前贈与するか。

  これは、法律によって定められています。
  そして、土地と建物では価格の算出方法が違います。


土地価格の算出方法

  贈与する不動産の価格は税法によって定められています。
  土地の価格は、毎年国税庁が発表する「路線価」を基準に算出されます。


1.路線価とは?

  「路線価」とは、税務署が土地の価格を計算をする時に使うものです。
  土地の価格は実際に取引されている価格を基準に算出するのが本当の姿です。
  しかし、税務署がすべての土地についてを計算するのは無理です。

  そこで税務署は、昨年の土地の取引価格を参考にします。
  その近辺の道路に対して値段をつけます。
  そして、その道路に囲まれている土地に、面積を掛けて土地の価格を決めました。

  この価格のことを「路線価」といいます。


2. 路線価を調べる方法

  税務署に行けば、土地に接している道路の値段が分かります。
  そして、その道路の値段に自分の土地の面積をかけます。
  これで、生前贈与する土地の価格が算出できます。

  路線価の閲覧は無料です。
  路線価がよくわからないときは、税務相談コーナーに相談するとよいでしょう。


3.路線価を調べるのが面倒なときは

  贈与を検討されている、土地の固定資産税通知書を見てください。
  固定資産税通知書に「固定資産税評価額」があります。
  これに1.2をかけたものが、路線価に近い金額となります。

  路線価=「固定資産税評価額」×1.2

  「固定資産税評価額」を1.2倍した金額は正確ではありません。
  しかし、生前贈与を検討するときの目安としては利用できます。
  もちろん贈与税申告の時には、正確に路線価を計算してください。


建物価格の算出方法

  市区町村役場が発行する、固定資産税通知書に記載されている「固定資産税評価額」の金額が建物の価格となります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ